この画面をダブルクリックするか、ブロック右上の「編集」をクリックし、お知らせの内容を記入してください。
 

新着情報

 
表示すべき新着情報はありません。

カウンタ

COUNTER21083

沿革

昭和61年 8月   八幡市スポーツ少年団  創立
        本部長 赤川 行男氏が就任
昭和62年 1月  新春のつどいを開催(第三小学校→岩清水八幡宮→さつき公園)                    
      6月  日本・京都府スポーツ少年団に登録
         40単位団  団員1093名  指導者248名
    12月  クリーン大作戦の実施(使用施設周辺の清掃)以降毎年実施
昭和63年 1月  新春のつどい(馬場運動公園→岩清水八幡宮→さつき公園)
                6月  登録状況  42単位団  団員1095名  指導者302名 
      8月  夏まつりを開催(第五小学校グランド)
    10月  「友とともに」創刊号を発刊
平成元年  1月  新春のつどい 駅伝大会の開催
      1月  認定員養成講習会の実施
      3月  指導者協議会の発足 
      6月  登録状況   42単位団  団員1012名  指導者221名
      10月    体力テスト判定員養成講習会の実施
              11月      第1回山城交流フェスティバル(宇治市太陽が丘 宇治市当)
平成2年      国際ソロピチミストより「少年団旗」 が寄贈された
     1月  指導者・母集団交流懇親会が開催された(以降毎年開催)
     4月  参与に、家村 博史氏、大野 伸一が就任
     6月  登録状況   43単位団   団員956名  指導者236名
      10月  体力テスト判定会を実施
平成3年   1月  やわたスポーツフォーラム「スポーツ少年団活動を通しての
           社会参加」    
           講演「衣笠 祥雄氏」
           パネルディスカッション「桝岡 義明氏、中野真理子氏他」
      7月   日独同時交流受け入れ  団員13名  指導者1名
          参与に、古川 善夫氏が就任
平成4年    1月  指導者・母集団交流懇親会オークションの売上金で「スポーツ基金」を立ち上げた
      8月  日本スポーツ少年団30周年を記念して、地球30週チャレンジ大会」に参画し市内をリレー
平成5年    1月  指導者・母集団交流懇親会でオークションに加えバザーを始める
      8月  指導者・母集団スポーツ交流大会を開催(ソフトテニス)
平成6年  12月  京都府スポーツ少年団剣道大会を八幡市で開催
平成8年    3月  京都府ソフトテニス交流大会を八幡市で開催、以降毎年開催
平成9年    1月  日本スポーツ少年団指導者研修会に南本氏と松本氏を派遣
平成10年  4月  桜まつりを開催(平成13年まで開催)
      7月  日独同時交流受入   団員13名  指導者1名
    12月       新春のつどい「マラソン大会」を体育協会の要請により「八幡市民マラソン大会」に移行
平成11年  9月   団員を各小学校区分け、大運動会を開催
平成14年  2月   親子スポーツ教室を開催、以降毎年開催
      3月   縄跳び大会を開催
    11月   子どもスポーツフェスタ開催.大運動会・縄跳び大会を一本化し各小学校に呼びかけ団員拡充事業に
平成15年 4月   赤川本部長が退任し顧問に就任、野村副本部長が本部長に就任
平成16年 6月   古紙回収を始める、以降毎年実施
    11月   山城交流フェスティバルを八幡市で開催
平成17年 7月   日独同時交流でリーダー1名をドイツに派遣
平成18年 7月   日独同時交流受入   団員6名  指導者1名
平成19年 1月   創設20周年記念式典を開催
                3月   創設20周年記念誌「ともに汗を そして あしたへ」を発刊
平成20年 6月   赤川顧問が第14回スポーツ少年団指導者全国研修会にパネラーとして参加
平成24年 4月   野村本部長が退任し顧問に就任、松本副本部長が本部長に就任